504blog

日々学んだことや、思ったことを書いていくブログです。

#217 固定費節約の救世主 ウェル活+ふるさと納税を上手に使う

f:id:KHY504:20200920121317j:image

毎月20日はウエルシアのお客様感謝デーで、ポイントが1.5倍の価値を持つ日です。 この日までにポイントサイト経由で様々な手法を使ってTポイントに変換し、生活費の原資としているわけですが(実質33%オフで物が買える)

 

ここのところ自分の中でウェル活の使い方を考えるようになりました。

というのも、基本的には何も買わない というのが最も得なわけであり(欲望に優先順位をつけよ) 

余剰のポイントは投資に回すか、旅行の原資にするというのが有効な出口戦略だと考えたからです。

 

そのため固定費で最も使う部分を ふるさと納税で細かな出費はウェル活で補っていこうかなぁと思っております。

 

具体的例
ふるさと納税で購入するもの
ティッシュ

f:id:KHY504:20200920112628j:image

必ず生活していると使うものなのでふるさと納税で一括購入すると楽です。(スペースが必要ですが)

 

②お米

f:id:KHY504:20200920112900j:image

必ず食べるものなのでこれもオススメです

③洗剤

f:id:KHY504:20200920113105j:image

④食洗機用洗剤

f:id:KHY504:20200920113728j:image

⑤酸素系漂白剤

f:id:KHY504:20200920113750j:image

 

上記のような必ず必要な物はふるさと納税で大量購入しつつ

細かで必ず必要ではないもののあったらいいものなどは月に1度のウェル活で購入するということを実践しております。

 

具体例
ウェル活購入品
サランラップ

②キッチンペーパー

③アルミホイル

④お部屋の消臭力

⑤トイレの芳香剤

⑥ふきん

⑦食器洗剤

⑧漂白剤

⑨日焼け止め

⑩歯ブラシ、歯磨き粉

 

といった形です。このような形にしていくと自分の手元から出るお金を最大限に減らすことができるかと思い現在実践しております。

 

ここ最近では楽天経済圏になったこともあり、楽天の店舗に行き、楽天優待(楽天のランクを見せるとそのランクに応じた生活日用品がもらえる)

これで大量の日用品もゲットしております。

f:id:KHY504:20200920114629j:image

 

まとめ

2020年現在日本では様々な優遇された制度やルールがあります。知って使うかどうかだけの差で毎月手元に残せるお金が大きく変わってきます。

余剰の資金やポイントを投資や旅行に充てることで有意義なお金の使い方になると思います。

気になっている方はぜひ、今日からでも始めることができるのでやってみてください(ふるさと納税は年末になると混み始めますのでお早めに!)

 

 

#216 メルカリ使用者必見! 送料と手間を抑えるコツ

f:id:KHY504:20200919161058j:plain

日ごろからいろいろなものをメルカリに出して売っているわけですが、送料を抑えるには一体どんな送り方がいいのかというのは自分の利益を増やすためにも考えなければいけません

配送方法には

①ゆうゆうメルカリ便 (日本郵政

A4サイズ 厚さ3センチ以内 重さ1キロ 175円

縦:24cm×横17cm×厚さ7cm以内/重さ 2kg以内 全国一律375円

 

それ以降は中型から大型サイズまで
f:id:KHY504:20200919154648j:image

 

このような料金設定になっています。

 

②らくらくメルカリ便 (ヤマト運輸
A4サイズ 厚さ2.5センチ 1キロ以内 195円
縦25 ×横20 ×厚さ5cm 全国一律380円

 

それ以降は中型から大型まで

f:id:KHY504:20200919155150j:image

このようになっています


それぞれ価格帯が違いますが、中型から大型までの料金設定は全く同じになっているので、小さなサイズでの料金の差がでているわけです。

 

どちらも小さなサイズでいえば現在はゆうゆうメルカリ便が少しだけ安く、A4サイズの厚さ3cm送ることができると言うのも魅力的です。

 

しかし、10月の1日から送料の変更があります。
f:id:KHY504:20200919155846j:image

一部の大きさではありますが、らくらくメルカリ便が値下がりし ゆうゆうメルカリ便が値上がりします。最小サイズのみの変更ではありますが、これはフリマアプリを使っている人であれば大きな手間の差になります。

今までであればA4サイズ3センチ以内で最安値で送るためにはローソンでロッピの機械を使って発券後店員さんに発送の手続きを取る必要がありました。

ですが、これからはA4サイズ最安値がらくらくメルカリ便になります。 らくらくメルカリ便ではPUDOが使用できるのです!

PUDOが使用できると言う事は発券や店員さんとのコミニケーションなしで発送手続きができると言うことなので手間が大きく変わります。(料金も最安値)

10月からは最安料金で手間がなく簡単に発送手続きを済ませることができるのでぶどうからの発送が1番良いと言うことになりそうです。(A4最小サイズのみ)

まとめ
フリマアプリの利用率が高まってきたことにより小さいサイズの発送が需要としてかなり大きいことが予測されます。そのため利用者にさらに利用してもらうことや手間の削減がメルカリの利用率をさらに高めると踏んで運営はヤマト運輸の値段を下げ、郵便局の値段を上げているのかなあと思います。

どちらにせよ 利用者にとってはメリットしかないので今後価格競争によりさらに送料が下がることを期待しています。 →是非そうなって欲しいです

 

ではではー

 

#215 visa line pay クレカ 3カ月の使用感

f:id:KHY504:20200917074724j:plain

今年の7月位からvisa LINE Payクレジットカードを使い続けているわけですが、その使用感とポイントの付与について書いていこうと思います。

 

基本的には普段のお買い物や食費等の生活費にvisa  line  Payクレジットカードを使用しているのですが、3ヶ月で累積ポイントがこのような形になりました。

f:id:KHY504:20200917072807p:image

1ヵ月ほどでゴールドランクになり、2ヶ月経ったところですぐにプラチナになったことがわかります。累積ポイントも3ヶ月ほどで8000ポイントになり普通に生活している中でクレジットカードを使い10,000円近いポイントが貯まっていることを考えるとかなりお得な感じがします。

 

さらにLINE Pay のいいところはランクに応じて特典クーポンが付与されるのですがプラチナランクにランクアップするとクーポンが9枚使用することができます。通常お店で使う時などのクーポンは他のクーポンと併用することが不可能ですが、LINE Payのクーポンだけは別です。

f:id:KHY504:20200917073543p:image

LINE Payの決済画面はこのような形でして、この真ん中部分のクーポンをクリックすると特典クーポンを選択することができます。使用する際にはこの中から自分の使いたいクーポンを選び決済をするだけです。他のポイントカードや割引券、クーポンなどを併用させLINE Payクレカ3% + LINEクーポン+通常のお店のクーポンの3つ全てを同時に使用することができるという少し他の決済方法と特殊な一面を持っています。

それ故、 LINE Payクレカを使用するよりもLINE Payでの使用を行い、紐付けするクレジットカードはvisa LINE Payクレカにするというのが最もお得な買い物と言えそうです。

 

そしてvisd LINE Payクレカは来年の4月までクレジットカード3%のスーパークレカですが、LINE Payを使用しLINEのマイランクをプラチナに維持することができれば来年の4月以降もこのLINE Pay上での決済に3%が継続され使い続けることができます。

そういった意味でも、早めに作り普段の決済にLINE Payを使うのは1つの選択肢として考えてみる価値があるかもしれません

 

まとめ
visa LINE Payクレカ3カ月間の使用感でした。絶対に持っていて損はしないカードの1つですので使っていない方を発行することをお勧めします。個人的な感想としても普段遣いで普通に使用していてただ使うだけで1万円近いポイントがもらえるのともらえないのでは満足度が全然違います。

 

 

#214 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方⑤

f:id:KHY504:20200914080250j:plain

9 不可能を可能にする奇跡のファイナンス

事業を行う上での資金調達が優遇金利で借りることができる
日本政策金融公庫などでは融資限度額400万円から4800万円で5年以内0.9%から2%の間でお金を借りることができる

 

区内に法人登録をしただけで無担保で1000万円貸してくれる。融資金利は年0.4%、100万円に対して1年間に支払う利息はわずか4万円

明らかにサラリーマンよりも個人事業主としてお金を借りた方が有利

10 税金について知りたい本当のこと

一般のサラリーマンは会社が年末調整を行って決算作業行うので確定申告をしたりしない
自分で自分の税金を決めることができない
個人事業主は確定申告を自分で行い支払う税金を自分で決める

その分有利 また仕事によっては仕事が口約束で決まり報酬も振り込まれなければわからないこういったものは決算調整が自由に効いてしまう

11 税務調査の裏と表

税務署と税理士の怪しい関係
税務署のOBが税理士として地元で働くことが多く、税理士自身が税理士のOBの顔を潰すようなことができない、結果公平に仕事が行われない場合もある


パート3
人生を最適設計する働き方


12 クリエイティブクラスとマックジョブ


専門知識を身に付け高い給料もらうクリエイティブクラスと誰にでもできるようなマニュアルのある労働をこなし、安い賃金で働くマックジョブの二極化が進みつつある。


マックジョブ型の安い賃金で働くには40代を過ぎてから苦しくなる
人的資本からの収益を増やし、クリエイティブクラスとして専門知識を増やす


人的資本を増やすには
①人的資本への投資によって運用利回りを上げる
②人的資本の運用期間をできるだけ長くする
 

まとめ
後半にかけてかなり難しい話が続きましたが、内容としては日本と言う国では個人事業主として働いた方が税金の支払いが少なく個人のお金を蓄えるには有利であるそして働く人たちは急速にお金を蓄えると言っています。

制度の抜け穴 そこをうまく活用し、お金持ちを目指しましょうといった話でした。

気になった方はぜひ

#213 楽天カード決済ポイント減額でお得な買い物ができる

f:id:KHY504:20200912143146j:plain

楽天経済圏に移行してから4ヶ月ほどが経ちますが、少しずつ細かなルールがわかり どのように使っていけばいいかがわかるようになりました。

 

そこでかなり便利だなと思ったのが、楽天カード決済にポイントを使用して購入金額を減額することができるという機能です。

実際に行ってみました。

f:id:KHY504:20200912123219p:plain

これが今月のお支払い金額ですが、この真ん中下部分のポイントで支払いというところを押します。


f:id:KHY504:20200912124034p:plain

このご利用ポイント数のところに保有ポイントを入力し減額することができます。

 

ただし、注意点としては通常ポイントのみカードの減額で使用できると言う点です。

楽天で生活をしている人のほとんどが通常ポイントではなく期間限定ポイントを大量に保有していると思います。


そんな方は楽天ペイをポイント消費設定にして、金券に変えてしまうのが一番良さそうです。

還元率は少し落ちますが、期間限定で消化してしまうよりも得の使い方になりそうです。

楽天市場では金券を販売しているショップもあります。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/商品券販売センター%E3%80%80jcb/

商品券販売センター

で検索していただければすぐに出ると思います。
販売価格+送料250円ほどなので10,000円ほどを交換するのであれば割と良いかなぁと言う風な感じです。

金券ショップ自体で金券を売るときには大体高くても97%ほどの還元率になりますので、その辺を加味した上で使用していただければと思います売るときには大体高くても97%ほどの還元率になりますので、その辺を加味した上で使用していただければと思います。

 

まとめ

楽天のポイントの使い方まとめのような形になりました。 個人的に思ったのは期間限定ポイントは定期的に楽天市場で金券を購入し、その際にポイントサイト経由で金券を購入すればかなり還元率を落とすことなく現金に変更することができると思いました。

 

#212 積み立てNISAの上限枠を上手に埋めてみる

f:id:KHY504:20200911080133j:plain

積み立てNISAを今年の5月に積み立て始めました。積み立てNISAとは投資で儲けたお金に対する税金が非課税になる→ざっくりとした説明ですが、 国が推奨している政策になります。

 

積み立てNISAとNISA2つの非課税口座があるのですが、私は積み立てNISAを使うことにしました。

 

その上限枠というのが年間40万円と決められており、この枠を上限ギリギリまで使うことが将来的に運用利回りを最も効率よくし、資産運用を最適化してくれると考えております。

 

そこで年度の途中から積み立てNISAを始めた場合どのような毎月の積み立て額を積み立てていけば良いか、分かりづらいと思います。

基本的には40万円の枠を12で割ると、月月は3万3333円積み立てることになります。

しかし、私のように年度の途中で積み立てを始めると12で割ることができないので、毎月の積み立て額を自分で計算して設定する必要があります。

 

f:id:KHY504:20200911075201p:plain

Excelのシートを使用して、このような形で計算してみました。私は6月から積み立てを始めたので、とりあえず何も考えず3万3333円を積み立てていました。

しかし、上限ギリギリまで埋めようと思うと10月からは4万4444円を積み立てる形になりました。

計算がめんどくさいなぁと思う方もExcelに入力すれば計算式を入れ自動的に計算をしてくれますので、自分の資産運用の金額を定期的に見直すためにもチャレンジしてみる価値がありそうです。

 

また、投資を始めるにあたって楽天証券であれば銀行口座と証券口座があれば始めることができます。クレジットカードで株を購入することができるのでその時点で1%分既に勝てていると考えると使わない手はありません。

 

まとめ
個人的には積み立てNISAで使用する枠は将来の自分の老後資金として考えています。しかし、最近の興味はインカムゲインになってきており、高配当株投資もいいなと思っています。

労働収入とは別にベーシックインカムが作れると精神的にも楽になると思うので、来年からは積み立てNISAからNISA枠へ移管しようかと考えております。

皆さんもご自分の資産運用についてはきちんとご自分で計算することをお勧めします。

 

ではでは

 

#212 逆算でわかる後悔しない人生選択②

f:id:KHY504:20200909080426j:plain

前回の記事の続きになります。 前回の記事については こちら からどうぞ

前回はこの中から自分の価値観に沿って後悔しないよう当てはめてみよう(ゴールの見える化)をしよう 

ということでした。

 

というのも、ここのところ身内で不幸が続くこともあり、その際に、亡くなる時に良い選択をするだけの能力(健康や認知の判断力)や 人生の最良の友人やパートナーを失いゴールがなくなっているパターンなど、後悔している部分があったのかなあと感じさせる部分があったのでそこから学びとりたいと思った次第です。

今回は 死ぬ瞬間の5つの後悔 より考えます。

①②は前回の記事をご覧ください。

 

③もっと自分の気持ちを表す勇気を持てばよかった

この項目はかなり最近感じているところです。仕事や家族に意見をする時にも、私自身昔はかなり慎重に伝える内容を厳選してきましたが、少しずつ自分の価値観ができあがると同時に チーム全体の幸せのために発言をする。自分が楽をするための意思表出は避ける ということを意識しています。

具体例で言うと
会社で若手社員がどうしてもふられがちな時間外労働に対して管理職に意見を言う など 

やはり人間は人に意見することや立場の上の人に何か伝えるときには緊張します。ですが、自分の大切な人を守るという価値観を根本に、意見をするようにしています。

 

④友人関係を続けていればよかった。

この項目についてはどんな人も“どこまで?”と言う声が上がりそうな気がします。私自身もはっきりと人数までは決めておらず、“会いたいと思ったら心に従う“と言うふうにしています。ですが、やはり会いたい人がたくさんいる人は少ないと思います。私も含めて、月に1回会いたいと思った人とご飯を食べに行くと言う目標を立てようかなぁと思います。

良好な人間関係の構築にもつながりますし、やはり、多様な人と関わる事は見識が広がると思います。”会いたい人なんてそんなにいないよ” と言う方も今どうしてるか気になるやなんとなくあってもいいかなぁ、目をつぶって1番最初に浮かんだ友人 などそんな形で選んでみてもいいかもしれません。

自分の中の友人と言う価値観が定まっていないので、誰が大切で自分がどんな人が好きなのかを探るためにもチャレンジしてみる価値があると思います。

 

⑤もっと自分を幸せにしてあげればよかった

ここが意外と難しいかもしれません。自分を許すこと 

自分に当てはめるとここ最近ではお金の使い方についてかなりシビアになって考えているので、お金の使い方については使うと決めたことに対して心を豊かにすると言う意識を持って使っていくこと

おいしいものを厳選して食べる と言うことも忘れたくないですね →人間の欲求には限りがないから(バビロンの大富豪より)

 

まとめ
具体的な行動に落とし込むのであれば 自分の心に従って相手に伝えようとする 月に一回友人を誘ってご飯に行く 週に1回自分の食べたいと思うおいしいものを食べる 

この3つが自分にできそうかなと感じました。ブログを通じて自分の価値観を少し見直す良い機会となりました。 

皆さんもどんな人生が幸せなのか ゴールは自分の中にしかないと思うのでたまに振り返ってみるのもいいかもしれません。